100ハピライフ

ママの夢を叶えるためのシンプルライフを紹介しています。

私がコーチのブランドバックを買った本当の理由。

こんにちは、みり子です。

 

 

先日、ツイッターでこんなツイートをしました。

 

 

御殿場アウトレットで、COACH(コーチ)のバックを激安で買ったというツイートです。

 

別に、金持ち自慢のためにツイートしたわけではありません。(お得なセール情報を知らせたかった。)

 

それと、このコーチのバックを買った理由に、深い深い意味があるので、今回はそれを書いていきますね。

 

専業主婦の私が、コーチのブランドバッグを買った本当の理由とは?

 

専業主婦の私が、ブランドバッグをサラッと買えた理由。

 

それは、(値引き額の大きさもありますが)

 

ダンナの仕事のインセンティブ(賞金)が入ったからなんです。

 

ダンナは営業の仕事をしているのですが、今年の1月と2月の、ある商品の月間販売数が全国で1位だったそうです。

 

3月には部長表彰もされ、インセンティブ(賞金)が数万円単位で入りました。

 

引っ越ししてから風水にこだわっているからか、さらに運気がパワーアップしている気がします。

 

さて、インセンティブが入って使い道はどうしようか。ダンナと相談しました。

 

「任天堂Switchのゲームソフトを買う?」

「とりあえず商品券にしておく?(ポイントで入金されたため)」など

 

色々と意見が出ましたが、ダンナが

「好きなブランドの帽子があるか、御殿場アウトレットに行って見たい」

と言ったので、急きょ東名に乗り、家族でお買い物に出発しました。

 

春休みだからか、外国人観光客も多く、混んでいました。

 

ダンナの好きなブランドのお店に行ってみましたが、アウトレット商品なので季節がズレていて、なかなか欲しい帽子が見つかりません。

 

5人の子どもたちも次第に飽きてきて、「つまんないー!」となってきたので、GAP(ギャップ)で子供服コーナーへ。

 

とりあえず、可愛い服が買えた3人娘は満足で、外にあるテーブルとイスで、ジュース休憩。

 

休んでいる時に、ダンナが私にこう話してきました。

 

今回のインセンティブは、みり子に使って欲しい」と。

 

みり子の出産が終わって、せっかくお腹もひっこんでオシャレをして欲しい。

 

せっかくのインセンティブだから、普段買えない物をみり子に買って欲しい。

 

私はダンナの思いを知って、嬉しくて泣きそうになりました。

 

私はてっきり、インセンティブでダンナの物を買うつもりで来たので、自分の物を買うなんて一切思っていませんでした。

 

しかも、別に欲しい物が思い浮かばなかったし、ブランドの物とかも、特に欲しいとは思えなくて。

 

「ありがとう。欲しいものがあったら、買わせてもらうね。」と答えました。

 

グルっと回って、ピンとくるものはなく...。

 

やっぱり、みんなで遊べるSwitchのゲームがいいかなぁ...。と思っていたその時!

 

やっぱり、人と物の「出会い」ってあるんだなと。

 

最後にダンナが、「COACH(コーチ)見てみよう」と言うので、お店に入店。

 

やっぱりお財布かな〜と、手にとって見ていくうちに...人間って不思議な生き物です。

 

可愛いパステルカラーのお財布に、心がときめいてしまって!

 

しかも、その時店内全品、50%OFFになっていたから、予算内で収まる!買える!

 

って思ったら、「やっぱり欲しい!」ってなっちゃったんですよね。(笑)

 

それで、見てた時に私好みの、キラキラしためっちゃ可愛いバックを発見して。

 

f:id:hnb-miriko_100hapi:20190330152305j:plain

私が強く惹かれた、COACHのバック。ショルダーにも肩掛けにもなる。

 

でも、値段は10万円。

「半額で5万だと予算オーバーだからムリか...。」

って、諦めたんです。

 

色々迷って、黒の長財布にしようと決めた時、男性の店員さんが接客してくださって、値段を計算してくれたんです。

 

6万円のお財布が半額→3万円→「さらにレジにて40%OFFで18,000円です」と。

 

「え!?ちょっと待った、さらに40%OFFー!?」

 

てな感じになり

 

「じゃあ、バック買えちゃうじゃん!」

 

ということで、コーチのバックを買うことになったのです!

 

ちなみにダンナも、コーチのメンズショルダーバッグを買いました。

 

6万円が2万円くらいで買えたらしいです。

 

店員さんいわく、「こんな激安セールは初めてで、今後ないかも。」と。

 

「めちゃめちゃラッキーだね!来てよかった!」

 

と、ダンナと喜びを噛みしめました。

 

家に帰り、子どもたちが寝たあと2人で買ったバックを眺めていました。

 

私が買ったバックを、ダンナも可愛いと大絶賛。

 

ダンナの気持ち的に、自分ががんばって獲得したインセンティブは、私にプレゼントしたいそうです。

 

私は、インセンティブで普段買えない物をあえて買って、良かったなと思いました。

 

なぜなら、このコーチのバックを見るたびに「あの時がんばったな」って思い返せるから。

 

2人の想い出を作ってくれた、このバックを私は一生大切にしたいと思います。

 

 

 

改めてシンプルライフの大切さに気がついた出来事。

こんにちは、みり子です。

ついこの間まで、何年か振りのひどい風邪をひいていました。しかも、家族全員です。

 

インフルエンザではなく、高熱・咳・鼻水など、かなりキツイ風邪でした。

おそらく、長女が学校からもらってきた風邪でしょう。長女から始まり、家族全員に順番に回っていきました。

 

私はその時授乳をしていたので、かかり始めは市販の薬を飲んでしのいでいました。

けれども、一週間たっても風邪が良くならず、再度熱が上がる始末。

高熱の中、家事や育児をやらなければならず、本当にしんどかったです。

病院にかかり、抗生剤をもらい何年か振りにガッツリ薬を飲みました。そして、それを機に授乳をやめました。

 

薬を飲み始めて、3日目くらいでやっと良くなりました。

その時、思いました。

「きっと、疲れが溜まっていたせいもあるけれど、風邪をひいてしまう習慣を自ら作っていたのだ。」と。

 

それもそのはず、去年引っ越ししてから私自身、5人の子どもの育児や家事の追われ、食事も適当、部屋の片付けや掃除もなかなか出来ずにいたのです。

 

大変な状況だったので、いた仕方ないのですが、やはり反省するべきことが山積みでした。

 

 

私が改めてシンプルライフの大切さに気がついたこと。

f:id:hnb-miriko_100hapi:20190321040033j:plain

家事や育児に追われていて、食事はレトルトや加工食品ばかりになっていました。

以前のような、ぬかづけを使って漬物を手作りしたり、ホームベーカリーで手作りのパンを作ったりすることが、全くなくなっていました。

 

やはり思い起こせば、手間はかかるけど丁寧な生活をしていた時の方が、ひどい風邪をひかなかったのです。

 

「今後、家族全員でこんなひどい風邪をひきたくない!」

 

家族全員で風邪で潰れてしまうのは、もうゴメンです。

まずは、食事を見直すことにしました。

 

私が見直したことは、以下の通りです。

 

  • 加工食品は極力食べない。(パンもできるだけ手作り。)
  • 野菜中心の食生活。(なるべくトマトを、毎日食べる。)
  • 発酵食品を積極的に食べる。(ぬか漬け、ヨーグルト、納豆など。)
  • 調味料は天然のものに。(化学調味料は避ける、○○風調味料ではなく、本物を使う。)
  • 何でも8分目にして、食べ過ぎない。

 

私たちの体を作るのは、当たり前ですが毎日食べる食事です。毎日の積み重ねは、とても大切なことだと思います。

 

「必要なものだけを、シンプルに摂取する。」

食事をシンプルにすれば、調理もシンプルになるので食事の用意も少し楽になります。

未来の家族のために、自分のために。

 

食事もそうですが、部屋を片付けて整えたり、キレイに掃除したりすることも、とても大事なことです。

断捨離は継続できていますが、さらに掘り下げて部屋を片付けていきたい。

 

できることから少しずつ、もう一度見直していきたいと思います。

☆ブログ復活&新しいブログ開設のお知らせ☆

こんにちは、みり子です。みなさまに、お知らせがあります!

 

このたび、新しい別ブログを開設いたしました!

 

↓新しいブログはこちらになります。

 

ミリラボ!~幸せシンプルライフ研究所~

 

miri-lab.love

 

 新しいブログが、このブログとどう違うのかと言うと・・・

 

  • 主婦の副業の始め方
  • 主婦向けのネットビジネスの話
  • 家事の効率化をし、自分の時間を作る方法

など、ビジネスに特化したブログにしていこうと思います。(まだ記事数少ない)

 

なぜそう思ったのかと言うと、今このご時世で、子どもを保育園に預けたくても、

「保育園がいっぱいで預けられない(実際に私がそう)ママさん」や、

「外にパートに働きに出ているけれど、子どもとの時間があまり持てないママさん」

の少しでも助けになれればいいな・・・と思ったからです。

 

もし、あなたが専業主婦もしくはパートで働いていたとしても、月に数万円から少なくても何千円と収入があれば、少しは生活にうるおいを与えられますよね?

専業主婦でも、収入があれば自分の好きな服や化粧品が買えるし、パートで働いていてもパートで働くくらい稼ぐことが出来れば、パートをやめて子どもとの時間を作ることができる。

そんな悩みを解決できるように、少しずつですが頑張っていきます!

 

ちなみに、このブログは主に「私のプライベートブログ」にしたいと思います。

色々とアフィリエイト記事を書いていると、自分の好きな事を思いっきり徒然なるままに書きたいときがあるんです。(笑)

なので、このブログは自分の好きなことを書けるブログにしようと思いました!

 

これからは、「ミリラボ!」の方と、こちらのブログでも記事を書いていきますので、ブックマークよろしくお願いします☆

 

あと、はてなブログに読者登録をしたり、いいねをしてくれたり、スターをくださる方々、本当にありがとうございます!!

「人」対「物」の関係性について。私が目指す、ミニマリストとは?

こんにちは、みり子です。

 

私は3年間、ひたすら断捨離を続けて今が一番、自分の持っている物が少ないです。

 

何かに取り憑かれたように、ガムシャラに断捨離をしている時期もありました。

 

でも、最近はこんまりさんの本を3冊読み、「物」や「おうち」に対しての感情や想いがガラリと変わりました。

 

人と物は、形が違うだけで同じモノ

f:id:hnb-miriko_100hapi:20180725123338j:plain

 

そもそも私たち人間は、先祖を辿ると地球(海)から生まれています。

 

物も同じで、地球から取れた素材でできています。

 

こう、大きいくくりで考えると、「人」と「物」は地球から生まれたモノであり、元はひとつだったのです。

 

「おうち(家)」もそうです。

 

人は土地を買って家を建てる前に、地鎮祭を行います。

 

地鎮祭とは、建築・土木の工事をする前、土地の神様を祝って、その工事の無事に済むように祈る儀式です。

 

土地を買えば、その人の名義になりますが、本来は「土地も家も地球からの借りもの」なのだということを忘れてはいけないのです。

 

なので、こんまりさんが「おうちや物に語りかけると答えてくれる」というのが、わかる気がします。

 

 

私がこれから目指したいミニマリストとは?

 

私自身のミニマリストの持ち物のイメージは、「白か黒もしくはベージュ」のシンプルなデザインでした。

 

もちろん、部屋や持ち物がシンプルであれば、頭の中もスッキリしてきます。

 

でも、「女性は一生、オトメ」だと思います。

 

シンプルなのもいいけど、ときめきも欲しい。

 

テーブルにカラフルなお花を飾ってみるなど、女性が可愛くいるためには、ときめき要素が必要なのです。

 

だから私は、ときめく物に囲まれて暮らす「ときめきミニマリスト」を目指したいと思います。

 

自分が少女の頃にドキドキしたものを思い出してみる。

 

そうすると、本当に自分の好きな物が見えてきて、いつまでも物と自分を大切にできるのだと思います。

一番大切なものを「お金」にしてしまうと、不幸な人生になってしまう。

こんにちは、みり子です。

 

切迫早産で入院してから3週間目。ようやく退院することが出来そうです。

 

子供5人目の妊娠で、初めての切迫早産体験は、良いことではありませんでしたが、私にとって「改めて自分と向き合う時間」を持つことができました。

 

入院して、色々と気がついたこと。

f:id:hnb-miriko_100hapi:20180724183906j:plain

 

「あなたの一番大切な物は、なんですか?」

 

そう質問されたら、あなたは何と答えるでしょうか?

 

家族?お金?仕事?恋愛?自分自身?

 

声優、椎名へきるさんの歌に「この世で一番大切なもの」という、考えさせられる歌があります。

 

私はその歌が大好きで、歌詞が泣きそうになるくらい響いてきます。

 

私は、お金よりも家族が一番大切だと思っています。

 

けれども、今回は家族のためと思って色々と頑張ってしまい、無理してしまった結果、切迫早産になり、余計に家族に迷惑をかけてしまいました。

 

「子供たちのために、色々としてあげたい。だから、お金がもっと必要なんだ。」

 

私は、専業主婦で外で働くことができなため、どうしたら稼げるようになれるのか、模索していました。

 

でも結果、子供たちに寂しい思いをさせていたり、家族に迷惑をかけてしまった。

 

まので、退院したら子供たちと、めい一杯接したいと思っています。

 

人生にムダなことはない。

 

そして、今の私の課題は「無事に元気な赤ちゃんを出産すること。」

 

課題は、ひとつづつ乗り越えていけばいいんです。

 

一度きりの人生、たまにはゆっくりペースで歩くのもいいなと思います。

【キッチン小物の収納方法】小物を収納する時に大切なこととは?

こんにちは、みり子です。

 

今日で、切迫入院生活が20日間を突破しました。

 

基本的に絶対安静なので、毎日ベットに横になっています。

 

そして、時間はたっぷりとあるので、入院してからAmazonで中古の本を書い、毎日読んでいます。

 

今日読み終わった本は、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法2」です。

 

この本は「人生がときめく片づけの魔法」の続編で、さらに細かい収納方法がイラスト付きで書かれています。

 

これから細かい小物類を片づけよう!と思っている方に、とても参考になる本です。

 

ほぼ独学で断捨離をしてきた私には、すでにこんまりさんがオススメする収納方法を、すでにやっているものもありました。

 

しかし、断捨離を終えても私の場合は、小物が散らかりやすく、収納しているのに、何となく片づいた気がしない...そんなモヤモヤを抱えていました。

 

その原因が、この本を読んでわかりました。

 

小物の収納に大切なこととは?

f:id:hnb-miriko_100hapi:20180722202901j:plain

 

小物の収納で大切なことは、「できるだけ立てて収納する」ことと「ジャンル・大きさ別」で分けていくことです。

 

小物類、とくにキッチン用品は家の中でも一番数が多いジャンルの一つです。

 

特に、我が家は娘が3人いるので、可愛い物が大好き。

 

お弁当用のピックや、クッキーの型などだんだんと細かい物が増えてきてしまっています。

 

お弁当のピックは、スプーン・フォークを分ける仕切りがついたトレーの中に。

 

弁当箱などの、いわゆる「お弁当グッズ」は、まとめて収納ケースに入れて、食器棚の一番上の段に置いています。

 

でも、なんとなく「しっくりこない」のです。

 

こんまりさんの本の中に、「輪ゴムは買ったままの箱で収納するのではなく、空き瓶に入れてしまえば収納スペースも減る」とありました。

 

さらに、「レジ袋などのビニール袋は、四角くたたんで、小さめの箱に収納」とありました。

 

スーパーで買い物した時にもらうレジ袋を、私は長細くした状態からクルッと縛って、レジ袋の中に何個も収納しています。

 

本の中では、けっこうその保管方法の家庭が多いことも、書いてありました。

 

小物といえども、がさばるとけっこうなスペースを取ってしまいます。

 

そこで思いついたのは、先程のお弁当用のピックを、小さめの空き瓶に収納してみよう、というもの。

 

晴れて退院できたら、娘たちと一緒に可愛い空き瓶を買いに行き、「ピックのおうち」を作ってあげたいと思います。

 

大きい物の断捨離よりも、小物の整理の方が難しいと私は感じています。

 

「収納はできているけれど、何となくしっくりこない。」と思っている方は、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法2」がオススメです。

 

人生がときめく片づけの魔法2

人生がときめく片づけの魔法2

ミニマリストのなりかた。先入観だけで物を持っていないか、もう一度考えてみる。

こんにちは、みり子です。 断捨離をはじめる前の私は、「これは○○に使うから、必要。」と思い込みだけで持っている物がたくさんありました。

でも、ここ3年間で引っ越しを2回したのと、断捨離をまともにやってきてみて物を減らし、必ず必要と思っていた物は、「実はそんなに大して必要でなかった物」ということに気が付きました。

今までの私の思い込みや先入観だけで持っていた物を、書いてみたいと思います。

思い込みや先入観だけで物を持っていないか、もう一度考えてみる。

f:id:hnb-miriko_100hapi:20180721184858j:plain

「パソコンをやる場所は、パソコンデスクがないとダメ。」

「お化粧は、鏡台で必ずする。」

断捨離を始める前の私は、これらが当たり前だと思っていので、パソコンデスクもあったし、鏡台もありました。

でも、3年前の引っ越しと断捨離スタートを機に、どんどん大物家具などを捨てていって、パソコンデスクも鏡台も断捨離しました。

その結果、なくなっても不便はありませんでした。

去年の2月に実家に引っ越ししたときも、スペースの関係でベッドと組み立て式の大型クローゼットを断捨離。

それと、水道工事の関係で、台所の水道を新しいタイプの蛇口に変更したため、浄水器が取り付けられなくなり、浄水器も断捨離しました。

今まで、水道水はそのまま飲むのは美味しくない。浄水器を通した水道水の方が美味しいし、体にも良いものだと思っていました。

けれども、浄水器をつけなくても水道水は沸騰させればカルキは抜けるので、味噌汁や煮物などの料理の味には、全く影響がありません。

飲み水は、まとめて2ℓのペットボトルの天然水のお水を買って飲んでいるので、水道水をそのまま飲むことはありません。

今まで、浄水器が必要!という、私の完全な思い込みだけで持っていたことになります。

ミニマリストは、応用力がある人なのだと思うこと。

1年前、今住んでいる実家に引っ越してきた当初、居間のテレビ台はホコリだらけで、テレビの後ろにホコリをかぶった30㎝くらいの、古い竹の定規がありました。

(ちなみに母は掃除をしない人です。)

私は、てっきり使っていない物だと思い、捨ててしまいました。

でも、母が裁縫をしている時に、「テレビの後ろにあった定規は?」と聞かれ、捨てたと答えたら、使おうと思っていたのに!と言われました。

その時、私は「長さを計るのに、メジャーじゃダメなの?」と聞いたら、定規のように固い物じゃないと、柔らかい布の長さは測りにくいのだと言われました。

確かにそうかもしれません。でも、捨ててしまった私の方が悪いのですが、私がその時に思ったことがあります。

「もしかしたらミニマリストって、応用力がある人なのかもしれない。」と。

少ない物で暮らすと、「○○専用」の物が減っていきます。 なので、定規がなかったら、別の物で長さを測ればよいのです。 長さを測るアイテムは1つあれば十分です。

そして、物を減らしていくと、別の物で代用しようとする応用力が生まれてきます。

「本当にそれが必要なのか?なくても、他の物で代用出来ないか?先入観だけで、持っていて当たり前だと思っていないか?」

そういう風に意識していくことで、だいたいの物は意外となくても大丈夫なのです。